にんにくにカビが生えた!食べても大丈夫?

にんにくのカビは食べられる?

white-onions

結論から言うと、にんにくのカビは食べられません。
にんにくには豊富なビタミンB1、ビタミンB6が含まれており、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。
さらに、血管を広げる効果もあるため、血行も良くなり冷え性にも効果が期待できるでしょう。
また、料理に変化をつけたり香りをつけたりする時に重宝をされています。
しかし、にんにくを長時間放置しておくと、カビが生えてしまうことがあります。
料理するたびに購入するのは手間になるから…と、カビを取り除いて使う人も多いようですが、健康のことを考えるとそのにんにくを料理に利用するのはあまりおすすめできません。
カビにも様々な種類があり、チーズのカビのように食べても無害な物もありますが、中には毒を持っているカビもあるので注意が必要です。
また、見た目にカビが生えていなくても小さく菌が発生をしている場合もあります。
ですから、時間の経過したにんにくは利用しない方が良いでしょう。

 

どうしても食べたい!そんな時におすすめのにんにく調理方法

yun_12904にんにくにちょっとだけカビが生えているけど、やっぱりもったいないから食べたい!
そんな時は高温で加熱してから食べるようにしましょう。
おすすめの調理方法は「揚げ」です。
カビの部分は取り除き、高温で揚げることで毒素を減らすことができます。

おいしいにんにくの素揚げレシピ
1、にんにくのかけらに切り込みを入れ、爆発防止をします。
2、150℃に熱した油に入れ、しっかりと色がつくまで揚げます。
3、皮を剥き、塩を振って完成

十分に加熱をするということであればオーブンで焼く方法もありますが、毒素を完全に取り除くことは難しいです。
一般的に、にんにくを食べると活力が出たり疲れを取り除く作用があると言われていますが、カビの生えたにんにくは体調が優れない場合や疲労感があるときには、逆に体調を崩してしまう可能性があるので注意してください。