TVCMでも話題の黒にんにく!その驚きの効果とは?

黒にんにく

そもそも黒にんにくって何?

テレビ番組を観ていると、よく黒にんにくのサプリのCMを目にします。その黒にんにくですが、実は普段口にするにんにくと別の品種というわけではなく、一般的なにんにくを熟成させたものになります。

1ヵ月程度、高温多湿な環境の中で熟成させていくことで、白かったにんにくが自己発酵していき、あの黒い色へと変化していくのです。そのように製造過程で「発酵・熟成」が関わってくるので、黒にんにくのことを発酵にんにく、熟成にんにくなどと言うこともあります。

黒にんにくへと変化するなかで生まれる「違い」

黒にんにくは、ただ単に見た目が一般的なにんにくと違うというだけでなく、そのほかにもいくつか異なる点があります。まずにんにくというと、あの独特なにおいを思い浮かべる方が多いですが、黒にんにくの場合はそういったにおいがありません。

にんにくのにおいの元である「アリシン」が、熟成によって「S-アリルシステイン」という成分へと変わっていきます。このため、あの独特なにおいが和らいでいくのです。だからこそ、においが気になるからとにんにくを敬遠しがちだった方にとっても、黒にんにくはオススメできます。

またそういう変化によって、にんにくがもたらす刺激も和らぐため、胃が弱いという方でも黒にんにくであれば気軽にお召し上がりいただけるでしょう。

黒にんにくは、にんにくの進化バージョン

熟成前の白いにんにくも、もちろん栄養が豊富なのですが、黒にんにくはそれを上回る栄養をほこっています。さきほども少し紹介した「S-アリルシステイン」。これは生活習慣病の予防に効果的な成分で、しかも水溶性ということで、腸から効率的に吸収させることが可能になります。

さらに黒にんにくには、遊離アミノ酸も豊富に含まれています。生にんにくの約1.5倍という含有量を誇っているので、遊離アミノ酸をより多く摂取することができます。ちなみにこの遊離アミノ酸は、たんぱく質と結合しないアミノ酸のことで、独立した状態で体内に存在しているものです。

このように、生にんにくにはない魅力を備えている黒にんにくは、健康が気になる方やにんにくのにおいが気になる方などにオススメです。また黒にんにくは、にんにくと同様に料理に使うこともできます。カレーやパスタなど、さまざまな料理に使えるので、そういった楽しみ方も可能です。