にんにくは犬にとって良いもの?悪いもの?

犬

犬ににんにくはOK?

 

代表的なペットである犬には、人間が普段から食べているものでも、与えてはいけないものがたくさんあります。

では、にんにくはどうなのでしょうか?

にんにくは刺激が強い食べ物なので、何となく犬にはNGなのでは?と思うかもしれませんが、実際は「与えてもいいものであり、与えてはいけないものでもある」というのが正解のようです。

何ともあいまいな答えなのですが、にんにくは犬にはダメと考える人もいれば、少量なら与えてもいいという人もいるので、そう言う他にありません。

 

犬にNGな玉ねぎと同じユリ科ネギ属のにんにく

たまねぎ

犬だけでなく、猫にとっても絶対にNGと言われる食べ物の代表格は、おそらく玉ねぎでしょう。その玉ねぎとにんにくは、同じユリ科ネギ属の植物なのです。

それらに含まれる「硫化アリル」という辛味成分を多く摂取した場合、溶解性貧血を引き起こすため危険です。人間の場合は、硫化アリルへの耐性があるため、いわゆる「玉ねぎ中毒」と言われる状態にはならないのですが、人間であってもそれを摂取しすぎれば胃痛や下痢などの症状が出るおそれがあります。

こうした理由から、「犬にはにんにくを与えていけない」と言われるのですが、犬にとっても少量のにんにくは滋養強壮のために良いと言われることもあります。また、その少量のにんにくは犬のノミ対策に効果的とされることもあるほどです。

現にドッグフードによっては原料の一部ににんにくが使われることもありますし、犬用のサプリメントとして「にんにくサプリメント」が販売されていることもあります。

 

犬にも少量ならOKと安易に判断しないこと

犬

人間と同様、犬にも個体差があるわけですので、犬によっては少量のにんにくでも中毒を起こしてしまうかもしれません。その一方で、犬にとっては絶対NGというイメージの玉ねぎでさえ、犬によっては何ともないというケースも中にはあるそうです。

だからと言って興味本位で試すのは犬のためにならないですので、絶対にやめましょう。

犬の元気のためにと、にんにくを少量与えたい気持ちはあるかもしれませんが、その場合は獣医などに相談して直接アドバイスをもらうと、より安心できるのではないでしょうか。

ただ、健康である犬にとってはにんにくは不要なものと考えていいので、もし健康上の問題がないようなら、犬にとって安全なものでいつも通りの栄養補給をさせてあげましょう。