黒にんにくの美味しい食べ方

13cc5ebef7dbc56c3e45369137ab662a_s

にんにくを高温多湿な環境で一定期間熟成させることで、それまで白かったにんにくはだんだんと黒くなっていきます。そういった過程を経て完成するのが黒にんにくです。
黒にんにくへと加工することによって、生にんにくは少ししか含まれない栄養素が豊富に含まれるようになるなど、その健康効果が注目されている黒にんにく。今回はそんな黒にんにくの美味しい食べ方について紹介していきます。

 

美味しい食べ方①

15410aa2b413f04c9a8021ca4d1d8fb8_s

にんにくから黒にんにくへと生まれ変わることで、にんにくは糖度を増します。また食感もドライフルーツに似た感じになるので、黒にんにくはそのままでも美味しく召し上がれます。

黒にんにくは本当に真っ黒なので、そのまま食べるということに少し抵抗があるかもしれないですが、黒にんにくを初めて食べる方はまずはそのまま召し上がってみてください。

 

美味しい食べ方②

通常のにんにくをスライスして揚げたにんにくチップス、おいしいですよね。黒にんにくの場合もこの調理方法で美味しいにんにくチップスに仕上がります。
スライスした黒にんにくをオリーブオイルやココナッツオイルなどで揚げると、よりカラッと揚がるのでおすすめです。チップスにした黒にんにくはさまざまな料理のトッピングとしても便利に使えます。

ステーキやサラダなどにパラパラっと黒にんにくチップスをふりかけることで、いつもとは少し違った味わいを楽しめるようになります。また黒にんにくチップスは、煮物やポトフといった汁物とも相性がいいです。
このように黒にんにくチップスはさまざまな料理と相性がいいため、あまり相性を考えずに好きに使ってみてもいいかもしれませんね。

 

美味しい食べ方③

刻んだ黒にんにくも、黒にんにくチップスと同様さまざまな料理に使うことができます。カルパッチョのトッピングとしてパスタの具材として、さらにはカレーやみそ汁などの隠し味としても刻み黒にんにくは活躍します。
刻み黒にんにくの場合、刻むだけですぐ使えるようになるため、黒にんにくチップスよりもさらに手軽に使えます。

さらに黒にんにくは、通常のにんにくと同様に醤油漬けやオリーブオイル漬けにすることも可能です。黒にんにく醤油や黒にんにくオリーブオイルは味付けの幅を広げてくれる調味料ですので、気になった方はさっそく作ってみてはいかがでしょうか。
このように、黒にんにくの食べ方にはにんにくの食べ方と共通する部分も多くあります。そして難しいことはせずに手軽に食べることができるので、これも黒にんにくの魅力のひとつと言えそうです。