にんにく鼻の治し方

自分の顔のパーツの中で、いちばん気になるパーツは?という質問に「鼻」と答える方は多いのではないでしょうか。

鼻にはいろいろな形がありますが、中には「にんにく鼻」と言われる鼻の形もあり、それを気にされている方も少なくありません。今回は、そんな「にんにく鼻の治し方」について解説します!

 

にんにく鼻に団子鼻

鼻

にんにく鼻とは、鼻筋の通っていない鼻先が丸っこいぼてっとしたような鼻の形のことを言います。そのぼてっとした鼻が団子のようだということで、「団子鼻」「だんごっ鼻」と言われることもあります。

どちらかと言えば、にんにく鼻よりはこちらの言い方のほうが一般的かもしれません。

にんにく鼻であることは、もちろん悪いことではないですが、やはり鼻筋が通ったシャープな鼻のほうが見た目が良いと感じる方が多いのは確かです。このため「にんにく鼻を治したい!」と考える方も少なくありません。

 

鼻は鍛えられる!

鼻

にんにく鼻を治すには、「美容整形」という手段もあります。しかし美容整形には抵抗がある方も多いでしょうし、目元のプチ整形と比べると鼻の整形は比較的大掛かりなものとなり費用面などの問題が生じることもあります。

しかし鼻というのは「お肉の塊」なので、鼻の筋肉を鍛えてあげることによって鼻の形を調整することは可能です。しかもその方法もとても簡単です。

 

「鼻に力を入れる・力を抜く」

 

これを繰り返していくだけで鼻の筋肉を鍛えることができます。日常生活では鼻の筋肉を鍛えることはまずないので、ちょっとした動きでもその効果を期待できるのかもしれませんね。

ただ効果を期待するためには、この鼻のエクササイズを100回程度繰り返さなくてはならないと言われることもあります。さすがに100回は厳しいという方も、なるべく多くの回数をこなすことを意識してみてくださいね。

 

冷水での引き締めも有効

冷水

にんにく鼻を解消するための方法はいくつかあります。そのひとつが冷水を使った方法です。先ほども言ったように鼻はお肉の塊なため、冷水を使うことで鼻の引き締め効果を期待できます。冷水に鼻を漬けることにより鼻が刺激を受けますので、それを続けていけば鼻の幅を狭めることも可能になります。

ただ、「冷水を用意するのが面倒」という方もいるかもしれません。その場合は保冷剤などで代用しても構いません。今回はにんにくとは直接関係のない「にんにく鼻」をテーマにしてきましたが、鼻の形でお悩みの方は参考にしていただけたかもしれません。