にんにくの生産量日本一!青森のにんにくとは

国内生産量ランキングは?

国内のにんにくは、年間通してスーパーなどで販売されていますが、5月~7月に収穫されて、乾燥させた後出荷されます。

にんにくは、擦ったりスライスにして料理のスパイスとして利用することが多いですが、そのまま焼いて食べても甘味が増しておいしく食べることもできます。

最近では外国産のにんにくを見かけることもありますが、国内だとどこで1番生産されているのでしょうか?

PED_narandaapple_TP_V

 

にんにくの国内生産量ランキングをご紹介します。

 

1位・・・青森県

2位・・・香川県

3位・・・宮崎県

4位・・・岩手県

5位・・・大分県

 

にんにくの国内生産量第1位は青森県で、全国の収穫量に対して約7割が青森県産のにんにくが出荷されています。

青森県内でも特に十和田市での生産が多く、青森県の収穫量の約3割を占めているのです。

 

 

にんにくの生産量が多い理由は?

DSC_0094

国内では青森県の生産量がトップとなっていますが、なぜ青森県での生産量が最も多いのでしょうか?

にんにくは昔、今のように食用としてよりも薬用として使用されることが多い食材でした。

なぜ薬用として使用されていたのかというと、元々平安時代から薬用として栽培されていた影響があったことと、にんにくの成分には滋養強壮作用があることから、体力を付けるために必要な薬といった意味で摂取されていたと考えられています。

そのため、美味しいから食べるといった意味ではなく、健康や体力維持のためににんにくが食べられていました。

江戸時代にあった参勤交代では体力と持久力が必要な場合や、香辛料として食材と一緒に使用されたり、お祝いの席などでも使われるようになったことで、薬用よりも食用として徐々に広がりを見せていったのです。

その後にんにくは、全国的に栽培されるようになっていき、今のように家庭で馴染みのある食材へと変化していきました。

にんにくが美味しく育つ環境は、涼しいと感じる気温、約10℃~22℃の気候であり、また気温が25℃以上となってしまうと休眠状態、30℃を超えてしまうと萌芽も不揃いとなるため、気温が高くなる地方では栽培も難しくなります。

また気温以外にも、にんにくが育つ土が生育に大きく関係しており、乾燥していて酸性の土壌では育ちにくくなってしまうのです。

青森県の場合、冬は平均気温2℃前後、夏でも平均気温22℃となるので、にんにくの栽培に適した環境となります。

そのため、にんにくの生産が盛んになっていきました。

日本国内なら青森県ですが、外国なら圧倒的に中国での生産が多くなり、約8割が中国で生産されています。

中国以外にはインド、韓国、エジプト、ロシアの順で生産されています。

売上ナンバーワン!【青森】福地にんにく&【熊本】平飼い鶏有精卵の卵黄サプリ

最近疲れが取れない方へ。青森県福地のホワイト六片にんにくと、熊本県の平飼い鶏から取れる有精卵のベストな組み合わせのサプリです。
最高の状態で熟成されているから美容への効果も抜群。購入者の口コミも抜群でリピート率が高いことでも有名です。
【青森】人気No.1にんにく卵黄サプリ
にんに卵黄
公式ページで詳細を見る

最上質【青森】低臭にんにく&【宮崎】霧島山麓の有精卵の卵黄サプリ

日本一の生産を誇る青森県の七戸地区で生産された、最も上質なにんにくのみを使用した人気急上昇のにんにく卵黄です。
服用したときに気になるにんにくの臭い対策済みで、口臭にも体臭にも影響がありません。
【青森】低臭にんにく卵黄サプリ
229-55(ニンニクゴーゴー)
公式ページで詳細を見る

青森産はなぜ美味しい?

では、同じにんにくのはずなのに青森県産が美味しいのはなぜでしょか?

それは、青森県の気候だけでなく、降雪量や火山灰土の土質にも関係してきます。

青森県は、全国の中でもトップクラスの豪雪地帯ですが、特に県内トップのにんにく生産地である十和田市は、降雪量がにんにくの生育に最も適した量であるだけでなく、この地域の火山灰土がにんにくに栄養を与えるのに最適だと言われています。

青森県の雪解けは他の県に比べると遅く、雪が解け始めた頃にちょうど梅雨時期となります。

この時期のにんにくは、青森の厳しい寒さを雪の下で過ごし、糖度や栄養をしっかりと蓄えて肥大し、梅雨時期に多くの水分を含むことで、みずみずしく、身がしっかりとしてきます。

そして最適の状態になったにんにくが収穫されていくのです。

青森県産のにんにくは恵まれた環境で育つことで、甘さと栄養をたっぷりと含んでいる美味しいにんにくとなります。

05l

また、青森県ではこだわりを持って生産されたブランドにんにくが多く栽培されています。

にんにくの最高級品種と言われている福地ホワイト6片や、青森県田子町だけで作られている田子にんにく、黒にんにくなどもあります。

最高級品種である福地ホワイト6片は、青森県田子市で普及しはじめて、現在では県内全域で生産されている品種です。

福地ホワイト6片の特徴は、雪のような白さが際立っていて1粒1粒がとても大きく、糖度が高い品種であることです。

にんにくの粒を大きく育てるのも、雪深い地域であることや土壌が良いといったことが、さらに美味しく成長させていることにつながるのですが、環境の良さだけではにんにくは大きくなりません。

それぞれの品種に合わせて徹底した管理を行ったり、農薬を極力控えたりするなど、にんにく本来の美味しさが伝わるように生産されているのも、青森県のにんにくが美味しい秘訣と言えるでしょう。

 

生産者の方もにんにくの生産に体力が必要となるので、いつもにんにくを食べています。

手軽に食べられるにんにくの醤油漬けや味噌漬けなどが好まれていて、家庭でも簡単に作ることができます。

にんにくを食べて健康になり、それをまたにんにくに還元しているからこそ、青森県のにんにくの美味しさが引き立つのかもしれません。

売上ナンバーワン!【青森】福地にんにく&【熊本】平飼い鶏有精卵の卵黄サプリ

最近疲れが取れない方へ。青森県福地のホワイト六片にんにくと、熊本県の平飼い鶏から取れる有精卵のベストな組み合わせのサプリです。
最高の状態で熟成されているから美容への効果も抜群。購入者の口コミも抜群でリピート率が高いことでも有名です。
【青森】人気No.1にんにく卵黄サプリ
にんに卵黄
公式ページで詳細を見る

最上質【青森】低臭にんにく&【宮崎】霧島山麓の有精卵の卵黄サプリ

日本一の生産を誇る青森県の七戸地区で生産された、最も上質なにんにくのみを使用した人気急上昇のにんにく卵黄です。
服用したときに気になるにんにくの臭い対策済みで、口臭にも体臭にも影響がありません。
【青森】低臭にんにく卵黄サプリ
229-55(ニンニクゴーゴー)
公式ページで詳細を見る