にんにくで美肌にアプローチ!アンチエイジングにも!

女性

にんにくには美肌効果も期待できる!

スタミナ食材の代表格であるにんにくには、実は美肌効果もあるんです。にんにくのあのニオイの原因となっているのが「アリシン」という成分ですが、この成分は抗酸化作用を持っていることでも知られています。

抗酸化作用のある成分を摂取していくことで、お肌の老化にも関わる活性酸素を取り除くことができます。

またアリシンには、肌の代謝を促進させるビタミンB1の吸収率をアップさせてくれるという働きもあるのです。もしビタミンB1を含む食材を使う際には、それと一緒ににんにくを使うのもオススメです。例えば豚肉にもビタミンB1が含まれていますが、豚肉とにんにくは、もちろん相性がいいのでいろいろなレシピが思いつくのではないでしょうか。

アリシンを効率的に摂取するために

にんにくと油

にんにくのニオイというのは、刻んだり潰したりすると発生します。つまりアリシンの良さを取り入れるためには、にんにくを丸ごと食べるのではなく、刻んだり潰したりすりおろしたりしていただくといいでしょう。

またアリシンは熱によるダメージを受ける成分でもあるので、にんにくを丸ごと素焼きにするといった料理ですと、アリシンの良さをあまり実感できなくなってしまいます。ですが熱に弱いと言っても、油でコーティングされればアリシンを守ることができます。

にんにく料理では油を使うことも多いので、この点はあまり心配いらないかもしれませんが、もし煮込み料理をする際にはにんにくを油で炒め、それから料理にプラスしてみてくださいね。

コラーゲンの減少を遅らせるために

美容液と手

お肌のハリになくてはならないコラーゲンは、化粧品や美容ドリンクなどにも多く使われています。このコラーゲンは私たち人間の体内でも作られているのですが、加齢によりその生産量が少なくなっていきます。特に40代を過ぎると、その生産量がグンと減ってしまうと言われています。

その対策として有効なのが、「活性酸素の除去」です。にんにくなどの抗酸化作用を持つ食材を摂取していくことで、コラーゲンの減少にストップをかけることが可能になります。

お肌のハリを維持することができれば、見た目年齢を下げることができるようになります。シミやシワはある程度ならメイクでカバーできますが、お肌のハリに関してはメイクでのカバーが難しくなります。

だからこそ、にんにくのような抗酸化作用のある食材を取り入れることが大切になってくるのです。