肌の調子が悪いときに試したい「にんにく化粧水」

化粧水

肌に浸透しやすいにんにくの成分

にんにくの美容効果については、すでにご存知の方も多いかもしれません。そんな美容効果を実感したいという方にオススメなのが「にんにく化粧水」です。

「それはちょっとどうなの…?」と思われるかもしれませんが、にんにくの成分は肌に浸透しやすいという特長があるため、化粧水として利用するのにもぴったりなのです。そしてにんにくの成分には、肌の角質層に適度な脂分をとどめておいてくれる作用があるため、それによって水分と脂分とがちょうどいいバランスとなり、小じわやたるみなどの改善にいい影響を与えてくれます。

また、にんにく化粧水は、皮膚細胞の働きへとダイレクトにアプローチことが可能になるため、根本的な肌質改善も行っていただけます。そういった肌質改善が実現されれば、肌荒れや敏感肌といったさまざまな肌トラブルの改善も期待できます。

 

にんにく化粧水の作り方

ここでは、にんにく化粧水の作り方を紹介いたします。

にんにく化粧水

材料

・にんにく3片

・レモン1枚(輪切りにしたもの)

・純米酒 180ml

 

<作り方>

にんにく化粧水

・にんにくの皮を剥き、にんにくの根っこと先の部分を若干カットしておきます。

 

にんにく化粧水

・ビンなどの密閉できる入れ物(煮沸消毒したもの)に、にんにく・レモン・純米酒を入れます。タッパでもOKです。

 

にんにく化粧水

・後は冷暗所で、まずは1ヶ月間保管します。

 

にんにく化粧水

・1ヶ月経ったらレモンを取り除き、再び1ヶ月間冷暗所で保管していきます。

 

にんにく化粧水

・1ヶ月経ったら、今度はにんにくを取り出します。これでにんにく化粧水の完成です。

 

このように、にんにく化粧水の場合は完成までに期間を要するものなので、今日作ったとしてもすぐには試すことができません。また、作り方もいくつかあり、使う材料や保存期間などに違いがある場合もあります。

 

にんにく化粧水の使い方

化粧水

にんにく化粧水の使い方に関しても、「この方法でなければいけない」という正解があるわけではありません。ただあえてオススメを挙げるとすれば、化粧水パックににんにく化粧水を使うという方法はいかがでしょうか。

洗顔後、にんにく化粧水でパックをすれば、きっとお肌のツルツル感を実感できるはずですよ。

しかし、にんにく化粧水には若干のにんにく臭があるので、毎日使うのにはあまり適していないかもしれません。また完成までに長い期間が必要ということもありますので、やはり肌が荒れぎみ・乾燥ぎみなときの集中ケアにオススメなようです。

気になった方は是非お試しください。