にんにくの胃もたれ、気持ち悪くなる原因は?予防と対処法まとめ

にんにくは健康に良いものですが、食べ過ぎると胃もたれしてしまうことがありますよね。

この原因は、にんにくに含まれている成分が関係しています。

にんにくの胃もたれの原因は?気持ち悪くなるのはなぜ?

にんにくにはアリシンという成分が含まれています。

このアリシンは胃腸粘膜を刺激してしまうのですね。

アリシンは胃の粘膜を刺激して、胃壁を荒らすことが分かっています。

これによって、にんにくを食べると胃もたれしてしまうということが生じてしまうのですね。

さらに、アリシンは殺菌作用が津陽ので、腸内の善玉菌まで殺してしまうことが分かっています。

なので、にんにくを食べ過ぎると下痢、便秘などが生じることもあります。

ひどくなると、食道の粘膜まで荒れてしまい、のどが痛くなることもあるそうです。

これは大変ですね。

健康のためににんにくを食べているのに、このような副作用が起こるのは避けたいところです。

そこで次に、にんにくによる胃もたれを予防する方法を見ていきましょう。

にんにくの胃もたれの予防方法と対処方法はコレ!

にんにくを食べて胃もたれをしないようにするためには、まず牛乳等の乳製品を摂取してからにんにくを食べる方法です。

牛乳等の乳製品は、胃腸の粘膜を保護してくれる働きがあります。

そして腸内に膜を張るので、にんにくのさまざまな成分が身体に過剰に吸収されるのを防ぐ働きもあるのですね。

他にも一度に大量ににんにくを食べないことも大切ですね。

過ぎたるは猶及ばざるが如しとも言うように、何でも沢山食べることが良いことではありません。

毎日、1日の摂取目安量を守って、コンスタントににんにくを食べることがおすすめですよ。

次にりんごや緑茶と一緒に、にんにくを摂取することもおすすめです。

にんにくには独特な臭いがありますよね。

この臭いが原因で気持ち悪くなることがあります。

そこでりんごや緑茶を同時にとることによって、その臭いを軽減されることがおすすめです。

リンゴジュースなどに含まれているりんご酸は、臭いの原因であるアリシンの分解に非常に役立つのですね。

このようにリンゴジュースや緑茶を、にんにくの臭い消しに役立たせる方法も良いでしょう。

にんにくは健康に良いものだから、上手に摂取を!

にんにくを食べるとなぜ胃もたれをしてしまうのか、分かりましたか?

原因はにんにくに含まれている、アリシンでしたね。

アリシンが胃腸を荒らしてしまうので、胃もたれとなってしまうのでした。

善玉菌を殺してしまうので、下痢や便秘にもなってしまうのが厄介ですが、にんにくは身体に嬉しい効果も沢山ある野菜です。

なので、まずは少量を食べることから始めてみましょう。

もし食べ過ぎてしまったら、りんごや緑茶から手助けを得てみてくださいね。

にんにくをあらかじめ食べることが分かっているなら、牛乳等の乳製品で予防するのもおすすめですよ。

にんにくは体に良いものなので、上手に食べてみてくださいね。