サイトアイコン にんにく王子 – にんにくに関する総合情報サイト

にんにくと鶏肉は相性抜群!

にんにくと鶏肉の相性

にんにくは、香味野菜として様々な食材と共に使えます。

にんにくは、単体でにんにくだけを食材として調理する場合にはそのまま使うこともありますが、他の食材と合わせて調理する場合には、生のものをつぶしてペースト状にしたり、スライスしたり、みじん切りにしたりして使用します。

炒め料理の風味付けとして使用する際には、みじん切りで使われることが多いです。にんにくは、肉のもつ臭みを消してくれるので、肉との相性が良い食材です。経済的で、食卓に上ることが多い鶏肉も、にんにくとの相性が良い食材です。

鶏のもも肉の臭いが気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、にんにくを使うことで、肉の臭みは気にならなくなります。

 

一方で、鶏の胸肉には、臭いはあまりありませんから、臭みケシとしてにんにくを使う必要はありません。

ただ、胸肉は淡白で味が物足りないという方も多いかもしれません。そういった場合には、にんにくと一緒にソテーすると、パンチのきいた味になります。にんにくのみじん切りを一口大に切った鶏の胸肉と一緒に炒めると、コクが出て、たんぱくな胸肉とは思えない濃厚な味に変身します。

 

にんにくと鶏肉の効果・栄養素など

 

鶏肉のたんぱく質は、体の素材となるアミノ酸がバランスよく含まれていて、消化吸収もよい上質なものです。脂肪肝などの予防に役立つメチオニンや、善玉コレステロールを増やす働きを持つパントテン酸、糖質や脂質をエネルギーに変えるナイアシンなども含んでいます。

にんにくにも、肝臓での脂肪代謝を高め脂肪燃焼をアップする効果や、糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収を促進する作用をもつアリインが含まれていますから、鶏肉と一緒に使うことで相乗効果が期待できます。

鶏肉には脂肪分が他のお肉ほど多く含まれていませんが、新鮮な鶏肉の脂肪には、動脈硬化を防ぐリノール酸などの多価不飽和脂肪酸が含まれています。

にんにくにも、血栓ができるのを抑える作用があるというメチルアリルトリスルフィドが含まれています。動脈硬化などの予防にも有用と言えるでしょう。

鶏の胸肉には、抗酸化作用をもつアンセリンやカルノシンが含まれています。鶏の手羽や皮には、美肌効果のあるコラーゲンが多く含まれています。にんにくには新陳代謝を促進する効果もありますから、鶏肉と一緒に食べることで、美肌効果も期待できます。

にんにくと鶏肉に合う食材

にんにくと鶏肉は、ほとんどのお野菜と相性が良い食材です。

にんにくは玉葱と同類の食材ですから、玉ねぎなどのネギ類とよく合います。

玉ねぎとにんにくと鶏肉を炒めて塩コショウで味付けをしただけで、一品料理になります。

トマトとの相性もよく、トマトの酸味を鶏肉が和らげる一方で、にんにくの香りが料理の風味を増します。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い成分ですから、にんにくや鶏肉のもつ成分との相乗効果も期待できます。

ズッキーニやナス、にんにくの芽といった食材とも、炒めても煮てもおいしく食べられます。

 

にんにくと鶏肉は、調味料との相性も良い食事です。

みじん切りにしたにんにくをお醤油に加えて、鶏肉を漬け込んで焼いたり揚げたりすると、お醤油だけを使うよりも風味のあるお料理になります。

また味噌との相性もよく、すりおろしたにんにくを味噌と混ぜて、鶏肉に塗ってソテーすると、食欲をそそる香りが増します。

塩こうじに、にんにくのすり下ろしたものを混ぜて、鶏の胸肉を漬け込んでから焼くと、ぱさぱさになりがちな胸肉がジューシーで柔らかく食べられます。

 

にんにくと鶏肉を使った料理


にんにくと鶏肉を使った料理で最も代表的なものは、鶏のから揚げではないでしょうか。

鶏のから揚げは、お弁当のおかずにも、ビールのおつまみにも、晩御飯のおかずにも人気の高いお料理ですが、にんにくをすりおろしたお醤油に漬け込んでから揚げると、風味の高い美味しい唐揚げになります。しょうゆ味ではなく、塩味の方がよいという場合には、ガーリックパウダーを塩と混ぜて衣となる小麦粉に混ぜ込んでつけて揚げます。

ケンタッキー・フライド・チキン風にする際にも、にんにくと生姜で下味をつけてから、調味料を合わせた粉をつけて揚げます。

 

チキンカレーにも、にんにくは欠かせません。玉葱やズッキーニといったお野菜と鶏肉、にんにくを入れて煮込み、水分が減ったところでカレー粉を加えると、簡単にインド風のカレーを作ることができます。

 

骨付の鶏肉を、トマトなどと煮込んだお料理を作る際にも、にんにくを入れると風味が増します。

ぶつ切りにした鶏肉と、大きめに切ったトマトや玉ねぎなどのお野菜を、皮をむいただけのにんにくと一緒に煮こみます。

皮などに含まれるコラーゲンもしっかりとれる美容に良いお料理ができます。

 

昔から作られている和食にも、にんにくと鶏肉は使えます。

筑前煮には、鶏肉と一緒にゴボウやれんこん、にんじんといった根菜類が使われます。

よく煮込む料理なので、つぶしたにんにくを加えて調理すると、臭いは気にならず、にんにくが隠し味となってコクのある美味しい筑前煮になります。

モバイルバージョンを終了