にんにく油の漬け方と保存はこんなに簡単!抗がん作用や認知症に効果的!?

にんにくの調理方法がいつもまんねりになってしまっているという悩みを持っている方もいるかもしれません。

そのような方はにんにくを「にんにく油」にしてみてはいかがでしょうか?

にんにく油は認知症に効果的!血流を良くする働きも!


にんにく油とは、にんにくをオリーブ油につけたものです。

それを飲むことによって、脳の血流が良くなって、物忘れや認知症に効果的だとい言われています。

これはにんにくと油を組み合わせた時には発生する、アホエンという成分に理由があるそうです。

アホエンは調理前のにんにく、もちろん油にも含まれていません。

にんにくを切ったものや、すりおろしたものを約100度未満の油に漬け込むことによって、初めて生み出されるのですね。

このアホエンは、脳を活性化させるような働きがあることが、動物実験で明らかとなっています。

なので、認知症予防に最適なのですね。

にんにく油の作り方が超簡単!たったの10分!浸けるだけで、保存も簡単!

ガーリックチップス
ここで気になるにんにく油の作り方を見ていきましょう。

材料はにんにく、オリーブ油の2つだけとなっています。

さらに10分ほどで出来上がるので、忙しい方や料理があまり得意でない方でも作ることができますよ。

にんにくは3片用意しましょう。

オリーブ油はできればエキストラバージンを150ml用意します。

まずにんにくをみじんぎりにします。

オリーブ油は耐熱容器に入れて、50度になるまで湯煎をして温めましょう。

それを湯煎から外して、その中にみじんぎりにしたにんにいくを入れて、1日漬け込みます。

次の日ににんにくをこして、密封容器に入れて完成です。

これを一度作れば、冷暗所で1ヶ月程度、保存が可能です。

たったこれだけなので、是非作ってみてくださいね。

ちなみにこのにんにく油はそのままで飲むのがおすすめですよ。

もちろん大量に飲む必要はなく、1日の摂取目安量は小さじ1杯です。

カロリーは小さじ1杯で約40kcalですね。

作り方によって、ややカロリーは変わりますが、ダイエット中でも飲めるでしょう。

飲むタイミングはいつでも構いません。

空腹時は避けるようにして、朝や夕方などに飲むのがおすすめですよ。

にんにく油の嬉しい効果、効能とは?


このように認知症にとても効果的なにんにく油。

他にもコレステロールの改善や、抗がん作用なども期待できます。

また疲労回復や風邪予防、美肌、血圧低下、冷え性の改善、免疫力アップ、ストレス緩和などの効果も期待できますよ。

にんにくの場合、香りが気になる方もいると思いますが、小さじ1杯程度なら、口臭がきつくなることもありません。

もちろんにんにく油を飲むだけで、すぐに健康が増進されるわけではありません。

しかし健康をサポートしてくれる効果があるので、おすすめです。

是非毎日の習慣に、にんにく油を取りいれてみてはいかがでしょうか?

関連記事
食後のにおいが気にならない!ハーブにんにくの秘密

にんにく食品レビュー「セブンイレブン ガーリックバター醤油の豚焼肉丼」/a>

にんにく食品レビュー「無印良品 手づくり醤油の素 にんにく醤油」