にんにくのオリーブオイル漬けの作り方は?レシピは簡単?アホエンオイルも?

にんにくのオリーブオイル漬けが今とても人気です。

その作り方もとても簡単なので、是非覚えてみてくださいね。

にんにくのオリーブオイル漬けの作り方と効果とは?

まずにんにくの皮を剥きます。

そしてそのにんにくをオリーブオイルの中に入れて放置するだけです。

その中に鷹の爪も一緒に入れると、ピリッとしてより美味しくなると思います。

最初はどれくらいにんにくを入れたら良いのか迷うかもしれませんが、その時にはまずは1つや2つで試してみましょう。

これを保存しておくだけで、チャーハンやパスタなどに簡単に使うことができますよ。

毎日の食事の際に、パパッと使うことができてとても便利です。

浸けておいたオリーブオイルだけでなく、漬けたにんにくの方も食べることができます。

ガーリックトーストや、炒め物などに入れて美味しく食べてみましょう。

このにんにくには、血栓予防や抗菌やウイルス予防、コレステロール値を下げる作用などが期待できます。

にんにくのオリーブオイル漬けについては、作ってすぐには使うことができません。

ただ1日放置すれば、次の日から使うことが可能です。

3〜4日程度置くと、よりにんにくの風味が感じられて美味しくなるようです。

お好みで、作ってから日数を置くようにしましょう。

にんにくのオリーブオイル漬けのレシピを紹介!

にんにくのオリーブオイル漬けのレシピを紹介します。

まずは焼きパプリカのガーリックオリーブオイル漬けです。

材料は赤色のパプリカ3個と塩が少々、オリーブオイルとにんにくです。

パプリカを洗って半分に切った後、トースターに並べます。

そこに塩を振ってオリーブオイルをかけましょう。

パプリカの表面がやや焦げるように30〜40分程度焼きます。

粗熱が取れたら、へたや種、表面の皮などを取り除きます。

食べやすいように、それを縦にカットして、みじん切りにしたにんにくとオリーブオイルを加えます。

それを混ぜ合わせて、密閉容器に入れて、一晩冷蔵庫で寝かせたら完成となります。

これはオリーブオイルの風味とにんにくの風味がより美味しく感じられるレシピですよね。

作り方もとても簡単です。

初心者の方などは、まずはこのレシピを試してみてはいかがでしょうか?

にんにくならアホエンのオリーブオイル漬けもおすすめ!

にんにくのオリーブオイル漬けは、冷蔵庫に入れてから約1ヶ月程度、保存することが可能です。

パパっと色々な料理に工夫をして、加えてみてくださいね。

またにんにくには、アホエンという成分が含まれています。

このアホエンもオイルに漬けることによって、抽出することができます。

アホエンオイルというのも紹介しておきますね。

アホエンオイルの場合、にんにくは刻んでおきます。

そのままオリーブオイルに漬けるのではなく、刻んでから漬けるというのがポイントです。

オリーブオイルも加熱してから、刻んだにんにくを入れて、あとは放置するだけです。

こちらもやや手間がかかりますが、簡単なので、是非試してみてください。

アホエンは痛風にも効くと言われています。

是非こちらも併せて作ってみましょう。